効率的な身体の温め方

効率的な身体の温め方

昼間は日差しを暑く感じることはあっても、夜中・朝方には
ひんやりと肌寒くなり始める季節の変わり目は、気温も不安定で体調を崩しやすい時期です。

冷え性の方は、特に手先・足先など身体の末端の冷えが、
そろそろ気になり始める頃ではないでしょうか。

身体の冷えは末端のほうを気にしてしまいがちですが、
末端の冷えている部分をケアするだけでは
身体の芯から温まることは難しいものです。

効果的な温め方として、内臓がたくさん詰まっているお腹を温めて、
冷えないように保護してあげることで、末端にも血液が巡りやすくなり、
身体の冷えを取ることができます。

手足を温めたいときは、手浴、足浴も効果的ですが、
身体の中心部から温めるほうが効果的です。

カイロや腹巻きだけではなかなか中心部まで温めることは難しいですが、
温熱器を使えば効果的に身体の中心部まで温めることが出来ます。

温熱器を使って内蔵を温め、凝り固まった筋肉を
緩め、血液の流れを良くすることで冷えを改善することができます。

(三井温熱ケアシステムの記事より抜粋)

http://mo-cs.jp/